乾燥・焼却の豆知識

「半炭化」について

「半炭化」とは、別名「トレファクション」とも呼ばれ、木質バイオマスを200~300℃で加熱することで有機物を分解して炭素成分が多い物質にするための燃料化技術のことです。

 

半炭化の過程で発生する熱分解ガスは原料の予熱などに有効活用されます。

 

原料から熱分解ガスとしてエネルギーは若干減少しますが、重量も減少するため、半炭化ペレットは重量当たりのエネルギー密度は木質ペレットの約1.3倍にもなり、輸送や貯蔵の効率を向上させることができます。

 

特に注目されている半炭化技術は、200℃~300℃という低温度領域におけるバイオマスの熱変換技術です。

 

また、半炭化処理することによりエネルギー密度が高くなり、粉砕性や耐水性が向上しますので、燃料化技術として極めて有効的な技術であると考えられています。

 

当社では、半炭化(トレファクション)に優れた下記の製品を開発・設計・製造しております。
お気軽にご相談くださいませ。

「半炭化」に関連する当社の製品