乾燥・焼却の豆知識

「熱風乾燥機」について

固形燃料化技術の1つに低温炭化という技術があります。低温炭化技術とは、無酸素状態において下水汚泥を250~350℃で加熱することにより、汚泥の中に含まれる分解ガス(乾溜ガス:メタン・エタン・エチレンなど)を放出させ、汚泥を熱分解させることで燃料化汚泥を製造する技術です。

 

この低温炭化技術を実現する機械の1つが、熱風乾燥機である当社の撹拌ロータリ乾燥機です。この熱風乾燥機である撹拌ロータリ乾燥機に投入された汚泥は、汚泥の投入口と同方向から吹き込まれた高温熱風(500~700℃程度)の乾燥ガスによって迅速に乾燥され、排出口へ運ばれます。

 

乾燥した汚泥は、熱風乾燥機の後工程では、造粒機で押出形成されて炭化炉に投入され、約250℃(製品条件により250~500℃)に間接加熱され、塊砕羽根により炉下流へゆっくり移送されて炭化されます。炭化汚泥は冷却された後に、ホッパへ貯留されます。

 

熱風乾燥機で蒸発した水分はスクラバーを経由し、炭化炉で蒸発した水分・ガスなどは直接、再燃炉で燃焼されます。熱風乾燥機の排ガスの一部は、熱交換器で予熱され、熱風炉を経て乾燥機へ循環します。

「熱風乾燥機」に関連する当社の製品

「熱風乾燥機」について

当社の熱風乾燥機としては、下記の製品がございます。

 

【バンド乾燥機】
この熱風乾燥機は、多種多様な産業で幅広く利用されています。永年にわたり改善され、改良されてきた乾燥機です。バンドコンベヤ(金網、パーフォレイトプレート等)の上に積載した材料を、乾燥室内を移動させながら熱風により乾燥する熱風乾燥機です。一般に、材料層の空隙に熱風を強制通気させて乾燥します。温度・風速等を自由に正確にコントロールできるので、良質の乾燥製品が得られます。乾燥の進行状態に応じて各区ごとに、温度・湿度・風速が容易に設定・制御できます。(ゾーンコントロール)

 

【バンド流動層乾燥機】
この熱風乾燥機は、高含水率、粒子混在、不定形状の材料にも使用でき、粒子破壊が少ない 乾燥機です。日・米の特許を取得しています。また、この熱風乾燥機は高能率の乾燥機で、流動床面上にバンドコンベヤを排して材料移送を行うとともに、床面より熱風を吹出させて材料に流動層気流および通気流を与え、上下に転移し蒸発表面を常時更新し、乾燥を効率的に行う熱風乾燥機です。

 

【アップダウン乾燥機】
この熱風乾燥機は、トレイ乾燥の自動化・省力化に最適です。この熱風乾燥機は、乾燥材料を積載したトレイを、上下に自動的に移動し、その間にトレイ面に熱風を有効に作用させ、材料を乾燥するユニークで効率のよい熱風乾燥機です。トレイの動きは自動化されていますので、省力化できます。

 

【トンネル乾燥機】
この熱風乾燥機は、大量処理と省力化に最適です。この熱風乾燥機は、台車に材料を積載した容器(トレイ)、または材料を直接積載して、トンネル室の入口部から押し込み、乾燥室内を移動させながら乾燥する装置です。気流方式は、材料の性状・乾燥条件などによって、水平気流・上下気流・交互気流など種々の方式があります。

 

【箱型乾燥機】
この熱風乾燥機は、気流方式が自由で、用途が広い乾燥機です。この熱風乾燥機は、材料を積載した容器(トレイ)または成形材料を、乾燥室内の固定棚または台車棚に差し込み、熱風によって乾燥する装置です。気流方式は、水平気流(左右一方向気流。交互気流)および通気気流(上下一方向気流・交互気流)など種々の方式があります。乾燥室数も単室型および多室型(再加熱ヒータ設置)があり、大量処理にも使用できます。材料に対する熱風の与え方により、次の型式があります。
■箱型乾燥機■高速箱型乾燥機
■通気流箱型乾燥機■交互気流箱型乾燥機

 

【過熱蒸気による高能力乾燥機】
この熱風乾燥機は、マッハ1を超える超音速の状態で、瞬時に乾燥することができます。飽和蒸気と高温気体を熱源として使用します。エジェクタ効果を応用し、飽和蒸気と高温気体が混合され、過熱蒸気にした気流体を噴出口でマッハ1を超える超音速の状態にて衝撃波を発生させ、乾燥処理物を解砕し、瞬時に乾燥を行います。この熱風乾燥機の乾燥室は円筒状になっていて、被乾燥物と過熱蒸気は円筒内壁を高速で旋回しながら乾燥を促進します。乾燥室のサイクロン効果により、乾燥品と未乾燥品に分級され、乾燥品は円筒中央の乾燥室出口から排出されます。

 

【タコロータリー乾燥機】
この熱風乾燥機は、通気乾燥と回転乾燥の両利点を生かして、熱効率を一段と高めます。回転シェルの内側に固定された主管と、それにつながる多数の熱風吸引管を備えた、構造のユニークな熱風乾燥機です。当社が独自に開発したもので、熱効率が高く、経済的で、中・大量処理にも適しています。アメリカ・EU諸国・その他5カ国の特許を取得しています。

 

【撹拌ロータリー乾燥機】
この熱風乾燥機は、攪拌機付の熱風乾燥機で、下水汚泥・し尿汚泥・その他粘性・付着性のある処理物の乾燥に最適です。構造が比較的に単純で、乾燥能力も大きい乾燥機です。また、回転円筒(シェル)内部に撹拌軸・撹拌棒を有する撹拌装置を設けています。かき上げられた材料は、撹拌装置により、粉砕・分散を繰り返すことによって熱風との接触をよくし、効率的に乾燥する熱風乾燥機です。

 

【低温(除湿)乾燥機】
この熱風乾燥機は、除湿された低温風を使用して乾燥させる乾燥機です。この熱風乾燥機は、成形機等で成形された材料をコンベヤに積載し、除湿された低温風を使用して乾燥させる型式です。材料と接触して増湿した空気を、ヒートポンプで冷却除湿し水滴に凝縮した後、凝縮器より得られた熱を利用して加温します。加温された空気は、乾燥用空気として循環利用します。

 

【生ゴミ用タコロータリ乾燥機】
この熱風乾燥機は、様々な問題をもつ「ゴミ」の乾燥に最も適した機種です。この熱風乾燥機は、乾燥温度が低く溶融、付着、着火が少ない乾燥機です。また、機内に駆動機構がないため、機内でのからみが少ないのも特徴です。乾燥効率が高く、装置がコンパクトで、飛散が少ない・乾燥ムラが少ない・異物混入に対応出来る・異音・破損が少ないなどの特徴があります。