乾燥・焼却の豆知識

「汚泥の焼却」について

水処理の過程で発生する泥を汚泥と呼んでいます。汚泥には、水分や有機物などが多く含まれており、何も処理せずに放っておくと、その保管に大量の場所が必要となるだけでなく、腐敗して悪臭や病害虫の発生原因となるため、汚泥を適切に処理する必要があります。

 

汚泥の腐敗を防止するためには、汚泥の中に含まれる有機物を除去する必要があります。汚泥の中に含まれる有機物を除去する一番簡単な方法は、汚泥を焼却して無機物にすることです。

 

汚泥を焼却することにより、保管に必要な場所も大幅に減らすことが可能になります。水処理施設から出る汚泥には、水分が99%以上も含まれるため、初めに濃縮設備により、汚泥を濃縮して水分を97%程度まで減らし、その後脱水設備によって水分を75%程度まで減らします。このような状態の汚泥を脱水ケーキと呼んでいます。

 

この脱水ケーキを焼却炉で焼却することで、汚泥は焼却灰となり、脱水ケーキの中の有機物はすべて無機物となります。  

 

例としては、脱水ケーキ100tを焼却しますと、焼却灰が2t発生します。

「汚泥乾燥」に関連する当社の製品