乾燥・焼却の豆知識

「木質チップ(木材チップ)の燃焼」について

今世界では、地球温暖化対策や循環型社会の実現など、サスティナブルな社会の実現が望まれるようになっています。その中で、循環型社会の実現を可能にする再生可能エネルギーが注目されていますが、その1つに木質バイオマスエネルギーがあります。

 

木質バイオマスエネルギーの利用形態としては、木質ペレットと木質チップ(木材チップ)があります。木質ペレットは、ストーブなどの小規模な燃焼機への使用では非常に有効的な燃料ですが、ボイラーなど規模の大きな燃焼機への使用では燃料コストや燃料供給の観点から木質チップ(木材チップ)が有効的な燃料であると考えられています。

 

また、現在の日本において、国内のパルプ用材の需要が減っているために、木質チップが供給過多となっており、これらの供給過多となった木質チップ(木材チップ)を木質バイオマスエネルギーとして活用することが期待されています。

 

木質チップ(木材チップ)を燃焼させるためには、水分乾燥の工程が必須となりますが、高含水率の木質チップ(木材チップ)を燃焼させるためには、効率的な乾燥手段が必要となります。効率的な乾燥を可能にする乾燥機として、当社の撹拌ロータリ乾燥機などがあります。

「木質チップ(木材チップ)の燃焼」に関連する当社の製品