乾燥・焼却の豆知識

「バイオマスと焼却」について

バイオマスを燃料とする場合、工業的には空気と酵素とバイオマス中に含有する炭素・水素・酵素などと反応させる発熱性酸化反応を燃焼と言います。

 

バイオマスの燃焼は、熱エネルギー転換を図る最も簡単な方式で、化石燃料での技術が適用できることや、バイオマスの利点であるダイオキシンなどの発生が少なく、燃焼性に優れているために、広く普及しています。

 

燃焼した熱は、蒸気や温水などの熱媒体を利用することで熱回収を行い、発電利用や熱利用が行われています。

 

バイオマスの燃焼排ガスは燃焼条件に大きな影響を受けて複雑に変化することがありますので、これらを体系化して正確に予測するための仕組みが必要です。森林資源が豊富な日本では、木質バイオマス資源の活用に大きな期待が持たれています。

「バイオマスと焼却」に関連する当社の製品