ウェッジスタイルドライヤー

ウェッジスタイルドライヤー

ウェッジスタイルドライヤー。伝導型乾燥装置。

ウェッジスタイルドライヤーは、蒸気・温水・オイルなどの熱媒体を用いてクサビ型の回転羽根の内部に熱媒体を通し、また乾燥機本体のジャケットにも熱媒体を通す伝導伝熱型の乾燥機です。
ウェッジスタイルドライヤーでは、処理物は回転羽根とジャケットからの熱伝導により効率よく乾燥され所定の水分まで乾燥します。
処理物からの蒸発水分は、キャリアガスに同伴されて排出します。
排ガスは伝導型のため少なく、排ガス処理装置も小さくなるため、設置面積、ランニングコストなどに大きな利点があります。
伝導伝熱型乾燥機の外観
伝導伝熱型乾燥機の内観
伝導伝熱型乾燥機の外観
伝導伝熱型乾燥機の内観
伝導伝熱型乾燥機の外観
伝導伝熱型乾燥機の内観

特徴

  • 1、熱効率がよく、伝熱係数が高い。
  • 2、伝熱面積が大きいので装置の容量が小さくて済む。
  • 3、風量が少ないので、臭気ガスが少なくダスティングも少ない。
  • 4、連続処理が可能。
  • 5、撹拌効率が高く、付着も少ない。

気流の流れ

フローシート

処理物の流れ。蒸気の流れ。空気の流れ。

外形図・断面図

外形図・断面図

型式・仕様

型式・仕様

過去の使用例

■余剰蒸気の利用
■各種汚泥の乾燥・減容化
■殺菌処理

今後考えられる使用例

■木チップ・コーヒー粕等のバイオマス乾燥
■余剰蒸気利用によるCO²削減
■粉砕・乾燥の同時処理

  • お問い合わせ
  • カタログ請求