ボルテックスドライヤー

ボルテックスドライヤー。攪拌効率がよく、排気量も少ないため、ランニングコストに利点があります!乾燥室は、外周に熱媒体(蒸気、熱媒)用ジャケットを有し、下部が円錐状そして上部が円筒状の乾燥槽で、その内部に処理物を攪拌、破砕する掻上げ羽根と、蒸発を促進する攪拌送風翼からなっています。攪拌効率がよく、排気量も少なく、臭気処理装置が小型ですむため設置面積、ランニングコストなどに利点があります。また、液状・スラリー状から固体まで広範囲な処理物に有効利用ができます。

ボルテックスドライヤーの種類

真空乾燥機(YVD-V)

真空乾燥機は、容器の圧力を下げることにより沸点を低下させ、低温度で水分を蒸発させる原理を応用したものです。 減圧により蒸発温度が下がり、処理物との間で大きな温度差が得られるので、効率のよい乾燥が可能になります。 処理物はポンプにより乾燥機上部から投入され、内部で撹拌乾燥後、胴体中央部より排出されます。 排ガスはダスター、凝縮器を経て真空ポンプ(または水エゼクター)により吸引され、所定の圧力に保持されます。 蒸気は乾燥機上部により供給され、下部より排出されます。

常圧乾燥機(YVD-A)

常圧乾燥機は、スラリー状の廃液から泥状物まで処理形状にとらわれず幅広い範囲の処理が可能な乾燥機です。 伝導式のため排気量が少なく、臭気処理装置も小 さくなるため、設置面積、ランニングコストなどに 大きな利点があります。 処理物は原料受入ホッパから搬送され、乾燥機胴体に設けられた投入コンベヤーにより投入されます。 撹拌乾燥後、胴体中央部に設けてある排出コンベヤーより排出 されます。 蒸気は、乾燥機上部より供給され、下部より排出されます。
  • お問い合わせ
  • カタログ請求