沿革・歴史

100年の技術と信頼の歴史

1915年 大正4年 大和哲三が乾燥機メーカー「大和商会」を設立
1924年 大正13年 本社を東京都中央区片倉ビルに移転
1930年 昭和5年 株式会社に改組
1936年 昭和11年 海外(旧ソ連)に大型バンド乾燥機を輸出、以後各国に多数輸出
1940年 昭和15年 社名を「株式会社大和三光製作所」に変更
1945年 昭和20年 工場を東京都南砂町から埼玉県久喜町に移転
1951年 昭和26年 東京都北区に赤羽工場を新設
1953年 昭和28年 大和式熱風乾繭機を開発
1957年 昭和32年 大和精一が社長に就任
1959年 昭和34年 金属印刷板焼付炉(ブリキオーブン)を開発
1965年 昭和40年 工場を赤羽から埼玉県鳩ヶ谷市へ移転
大和哲三が藍綬褒章を受章
会社創立50周年
1967年 昭和42年 鳩ヶ谷 第一工場、事務所を増設
1969年 昭和44年 全自動トンネル乾燥機を開発
1970年 昭和45年 バンド流動層乾燥機を開発
鳩ヶ谷 第三工場を新設
ボルテックス乾燥焼却装置を開発
1974年 昭和49年 ボルテックス乾燥焼却装置の特許(米国)を取得
1978年 昭和53年 米国オート トロール社に技術供与契約
食品用乾燥、調湿製造大型プラントを開発
1979年 昭和54年 アップダウン乾燥機を開発
1984年 昭和59年 大和精一が蚕糸発明賞を受章
1986年 昭和61年 タコロータリ乾燥機を開発
大和輝明が社長に就任
1989年 平成元年 鳩ヶ谷 事務所を増設、第四工場新設
工作機械設備を増強
1991年 平成3年 パーキングマシンの製造・販売を開始
1992年 平成4年 中国の成都市に、「成都大和熱能機械有限公司」を設立
1995年 平成7年 会社創立80周年
1999年 平成11年 ISO9001取得
ボルテックスドライヤ(YVD)を開発
2000年 平成12年 鳩ヶ谷から福島工場へ移転
2003年 平成15年 中国の無錫に、「無錫亜瑪登乾燥設備有限会社」を設立。「成都大和熱能機械有限公司」を統合。
2004年 平成16年 過熱蒸気乾燥機(YSD)を開発
2005年 平成17年 福島工場を増設
会社創立90周年
2007年 平成19年 蒸発濃縮装置を開発
2011年 平成23年 ウェッジスタイルドライヤ(WSD)、フリーアングルドライヤ(FAD)を開発
2013年 平成25年 本社を東京都新宿区西新宿 新宿三井ビル43階に移転。福島工場に新研究棟が完成。
2014年 平成26年 富岡製糸場が世界遺産に認定される。当社が納入していた乾燥装置7台も世界遺産に。
2015年 平成27年 会社創立100周年